スマホのNo.1シェアを誇るAndroid搭載Android

ビル

携帯電話→スマートフォン

日本では、電話から進化して独自の機能を持つにいたった携帯電話と、PDAから進化し電話機能を持った携帯型パソコンとも言えるスマホが流通しています。 数あるスマホのなかでも、トップシェアを誇る基本ソフトがGoogle社が提供しているAndroidです。 このようなシェアの背景には、Androidの複数のバージョンということがあります。 基本となる部分は同じですが、スマホ用の2.3シリーズ、タブレット用の3.0~3.2、統合企画の4.0シリーズがあります。 必要なアプリケーションもこのようなバージョンに合わせて購入する必要もあるわけです。

OSの違いOS

Androidは他社のOSとは違いオープンソースというものを使っています。 無償で誰でも使えるようになっているのです。 このようなことからアプリケーションも様々なものが開発されていますが、最低限のチェックしか行われないことから、スパイウェアの混入などの問題も指摘されています。

スマホを詳しく見てみるsmartphone

Google

その市場は無法地帯とも形容されることがありますが、Googleのオープンソース責任者はアンチウィルスソフトは必要がないとも発表しています。

様々な機能

こういった発表があっても携帯電話とは違い様々な機能を持っている以上、その情報に対しての漏洩対策はコンピュータと同様で必要なものであり、IPA・情報処理推進機構などでは対策を導入すべきであると発表しています。

セキュリティソフト

セキュリティソフト販売各社では脆弱性の指摘とともに、信用性のない不正なアプリケーションの使用は控えるべきだと発表もしています。

アプリケーション

魅力的なアプリケーションも数多くあるAndroidではありますが、便利が安全ではないということを理解して使うことが必要になってくるのです。

相互リンク:オンライン英会話

・たくさんの種類のうたプリの衣装があるよ!大好きなキャラクターのコスプレができますね♪
・読むならコミックはスマホで!青春も終わって大人になってからもドキドキできるコミックをたくさん紹介しています。

車査定