スマートフォンなどにかかわる交通事故の発生と弁護士の解決

2012-11-02

スマートフォンに限らず、携帯電話の普及はびっくりするほどのものがあります。

現在では飽和点に足しいているとも言われる携帯ですが、

それでも加入者数は増えているとの試算もありますし、

どこかのメーカーの利用者を引き抜き合いだけしていると言った感じもありません。

 

ナンバーポータビリティが始まったころは、盛んに利用者の引き抜き合いなどもありましたが、

それももう落ち着いてきた感があります。

それだけの加入者がいる一方で、スマートフォンなどの商戦は

過熱気味になっていると言えます。

特に海外製の商品に関しては販売ノルマなどがあるとも言われ、

できる限り多くの商品を売らなければならないために

過熱気味になっている部分があるわけです。

その加熱も本来は行くべきではない、

車の運転時に関するアプリなどにも派生しています。

 

例えばカーナビになるようなアプリの存在もあります。

運転中の使用を助長するようなものですから、

規制されるべきものではあるのですが、

そういったことも後手後手になっていることもあるのです。

こういった機器の操作が原因の交通事故は、ほとんど減ってきていません。

そのため、事故の後にかなりもめるケースも多くなってきていると言われています。

そこで必須になってきているのが、交通事故に弁護士を入れてしまうことです。

今までであれば、保険会社同士で収まっていたことも、

弁護士を入れてしまって解決しなければいけないことも多いのです。

スマートフォンは便利なものですが、使用する場所などを考慮に入れて、

適正に使用するように心がけてほしいものです。