高齢者の交通死亡事故が増えているようです。

2012-11-06

少し前に、高齢者が反対車線を誤って通行して、

群馬で交通事故を起こしたという事件がありました。

最近でも、高齢者の交通事故は増加傾向にあるそうです。

中でも群馬県では、高齢者の交通死亡事故が増加しているようです。

少しでも運転に不安のある方や、自身が無い方はできるだけ、

運転を代行してもらうか、バスなどの公共交通機関を利用するようにして下さい。

 

また、自動車運転免許証の自主返納をすることもおすすめです。

この自動車運転免許証を自主返納することで、

代わりの身分証となる住民基本台帳カードを交付してくれます。

また、多くの市では、独自に割引になるバスカードや、

タクシー利用券といったものを交付してくれる地域もあるそうです。

運転免許証自主返納支援事業 群馬と検索すれば、出てきます。

詳しく知りたい方は、ぜひ、検索してみてください。

 

高齢者は、本人が大丈夫だといっても、

身体的機能が若い時より落ちていることは確実です。

ですから、余裕をもってブレーキをする、分からない地域には一人で行かない、

スピードを出しすぎない、といったことをより注意する必要があります。

 

そして、若い人も高齢者の車を見かけたら、

高齢者の方のプレッシャーにならない運転をすることも必要です。

お互いが運転を気を付けるようにすれば、

確実に交通事故は減ってくるのですから・・・。