田舎暮らしにスマホは必要か?

2012-11-12

携帯電話を持っている人はかなりの割合になってきているものの、
いざ持っていてもあまり使わないという人もいるはずです。
またアプリやSNSに興味を持つ人が増える一方で、
ネットから離れられない人が増えているのも現状です。
時代に左右されない生き方をする人もいれば、
時代の流れに乗り、生き方を左右される人もいるわけです。
どちらが正しいというわけではありませんが、
それによって日々の生活に支障が出ることだけは
避けなければいけません。

そもそも携帯電話の役目は、
出先などでも連絡がすぐ取れるようにすることです。
いまや別の用途で使用している人も多いものですが、
田舎暮らしであっても簡単に遠く離れた人と連絡が取り合えることは
とても良いことです。
知り合いが回りにいる都会に住む人よりも、
むしろ田舎暮らしの人のほうが携帯電話の需要は高いのかもしれません。

ではスマートフォンは田舎暮らしに必要かといわれれば、
従来型の携帯電話でも十分という考え方も出来ます。
もちろん、他の人と比較してスマートフォンのほうが格好良いと
考える人もいるでしょう。
しかしスマートフォン所持者が増えてくれば話は別です。
連絡をとる手段さえ確保できれば、
携帯電話である必要もないのかもしれません。
パソコンが常時身近にある人ならば、
それによって連絡をとることもできるはずです。