スマホと携帯の違いを考えるようにクラブとキャバクラの違いも考えてみた

2013-05-01

「銀ホス」バブル世代の心に響く言葉ではないでしょうか。
「銀座ホステス」銀座のクラブに在籍する水商売の女性のことです。

最近の若者は水商売といえば歌舞伎町のイメージがあり、「ホステス」というより「キャバ嬢」が水商売と言われた時にまっさきに思いつくのでしょう。

スマホと携帯の違いを考えるように、両者の違いは何かと考えて見ました。

歌舞伎町のキャバ嬢が食用なら、銀座のホステスは観賞用といえるでしょう。
キャバクラに通う客にはキャバ嬢の中から恋人を見つけようとするものが多くいる。そしてまた、案外キャバ嬢を彼女にするのは簡単なのです。彼女達は一時的なアルバイトとして水商売に従事していることが多く、公私混同しやすい。つまり食用の女性を求めてキャバクラに通う。これに比べ銀座のクラブには、水商売にプロ意識を持っているホステスが多い。また、客層を見ても銀座のクラブに通う客には女遊びのプロフェッショナルが多いのです。

銀座クラブに通う客の多くはホステスの中から彼女を探そう等とは思っておらず、あくまでも日々の生活に色を持たせようと通う者が多いのです。それゆえ、ホステスと適度な距離感をもっていわゆる「観賞用」として楽しむのが銀座のクラブです。
それゆえ、若者はキャバクラに通い、団塊世代はクラブに通う者が多いのではないかと思います。
私も今度、銀座のクラブに行く予定です。